藍の生葉染めと、アボカド染めを楽しむ

藍の生葉

今年は水が豊富で、藍がすくすくと育っています。

そろそろ一度染色しなきゃと思いながら、隙をみて生葉染めをしました。

ついでに、アボカドの皮も置いてあったので、カビる前に一緒に染色。

アボカドの皮でピンク系の色に

アボカド1個分の皮をカットして煮出し、空気酸化させると茶色っぽい染液に。

そこで煮染めをおこないます。

イメージは、藍のブルーで絞って、藍が入らなかったところにアボカドのピンクが入る感じ。

アボカド染め

まずは絞る予定のところをアボカドで染めます。

思ったほど色が入らないなぁ…

藍の生葉と一緒に揉みだして染める

庭から藍を収穫し、葉っぱだけの状態にします。

その葉っぱと塩と少量の水で揉みだし、汁が出てきたら染色物も一緒にもみもみ。

まるで料理をしているみたい。

藍の生葉染め揉みだし

生葉をどんどん足しながらもみもみ。

時々染色物を取り出して空気酸化。

去年染めた手ぬぐいはもう少し青が入ったけれど、今回はあんまり青が入らなかった。

そして、絞り部分はやっぱ白の方がきれいやね!

余った染液で綿生地のハンカチを染色。

やっぱりじっくり煮染めした方が濃く入りますね。

藍の生葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です