藍の花が咲く前に、生葉染め

藍生葉染め

わさわさ葉を生い茂らせている庭の藍を見ては、はよ染色しな花が咲いちゃうなぁと気になっていた。

仕事の合間にちょこちょこ準備して、1~2時間でちゃちゃっとやっちゃおう!と張り切って収穫。

藍を収穫

藍を洗って葉を採る作業をするけど、やってもやっても終わらなーい!収穫するときってついつい沢山採りすぎちゃうんだよね~ 

そして後から後悔するといういつものパターン…

絞り作業
綿100%のさらし

どんな模様になるか、ちゃんと色が入るかと想像すると、楽しくてわくわくしてくる。

前回染めたものは淡い水色。去年染めたのはきれいな青になったのになぁと資料を見てみたら、やっぱり時期によって色の入り方が全然違うみたい。7月に染めたときよりも、8月や9月に染めたときの方が濃い色に仕上がっていたから、今回は期待しちゃう。

ボウルに葉を入れてもみもみ。

生地も入れてもみもみもみ。

パンを捏ねるように、何度も何度も捏ねてはもみもみ。

途中水で洗って、葉を入れ替えてひたすらもみもみを繰り返す。

水洗いして、絞りをほどくときが一番楽しみ。

おぉ~、きれいに模様入ってる!

これでも去年の濃く染められたときよりかは薄いけど、前回よりは濃く染まりました。黄色や紫に染める方法もあるけど、コットンじゃ無理かなぁ。シルクに染めてもあまり使わないので、やっぱりコットンでできるか試してみたい。

藍はまだまだ元気。あとは私が時間を取れるかどうか。今年もう一回くらいは試したいなぁ。生葉染め、もしくは藍の黄色染めか紫か。できたらいいなぁ…

藍生葉染め

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です