台風15号で停電9日目の夜、南房総大井地区で電気復旧!!

南房総市大井青年館

9月9日明け方に千葉県南房総エリアに上陸し、現在でもまだ停電している地域があります。私の住む南房総市大井地区は、17日18時、鴨川線が復旧。続いて22時、平久里線が復旧しました。現在も復旧に向けて作業してくれているみなさま、ほんとうにありがとうございます。

ボランテイァ団体「風組」が活躍!

倒木の処理をする 「風組」と「DEF 東京」

建物に倒れた大きな杉の木の処理を行った風組とDEF 東京。

平日はプロとして屋根作業や林業などに関わっている人たち。

休日を利用して南房総で活動してくれています。

目の前で作業を見させてもらいました。他の場所で一緒に活動した仲間もいれば、この日初めて顔を合わせたメンバーもいるという5人チーム。声を出し、合図を送りながら手際よく作業を進める姿、ほんとうにかっこよくて頼もしいです!

現在風組は鋸南町内にある青年館を拠点に活動してくれています。

風組FBページ: https://www.facebook.com/zkaze/

手に入るなら、紫外線に強い国産の黒い土嚢袋の使用をお勧めします!

今朝、南房総エリアでボランティア活動をしてくれている「風組」のリーダーと、広島から駆けつけてくれた屋根のプロの方とお会いしました。

・白色の土嚢袋は紫外線に弱く、2重にしても1カ月持たない
・日本製(倉敷の萩原工業)のものがベストだが、現在は各店舗の在庫品しか手に入らない状況。詳細は萩原工業のサイト:https://www.hagihara.co.jp/20190914-1/
・中国製の黒い土嚢袋は、ただ黒いだけでUV効果なし

値段は高いですが、日本聖の黒い土嚢袋が手に入ればそれがベストです。
白いのが破れると砂がこぼれ、滑りやすくなり作業がより困難になります。
殆どの家でブルーシート作業を終えていっているかと思いますが、二度手間になるのでもしまだの家があれば手に入った黒の土嚢袋を使って頂ければと思います。
コミサポひろしまFB:https://www.facebook.com/comsup.hiroshima/
(トップの写真「LOOF ANGELS」の文字がなんか心強い!笑)

◆日本各地のみなさま
お近くのホームセンターで日本製黒の土嚢袋がもし手に入りましたら、南房総エリアに物資として送っていただけたら幸いです。
ひきつづきよろしくお願いいたします。

トップの写真は昨夜の大井青年館内。毎日情報更新されたホワイトボードと、区民のために毎日動き回っている区長の後ろ姿。

南房総市大井青年館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です