2019年台風15号が南房総を直撃。停電9日目夜に電気復旧!回想録

割れたガラス
Pocket

台風15号による停電9日目、9月17日。

敷地内に散乱したガラスが、バケツ3杯と段ボール一つ分。入れ物から飛び出しているし、早く処理したいので白浜清掃センターに持って行こうと思った。

わが家に水を汲みにきたご近所さんと話していると、清掃センター辺りは土砂崩れの危険もあるとのこと。ゴミを車に乗せて出せなかったら、そのあともらう予定の物資を積むことができない。

悩んだ末、今回清掃センターはあきらめて物資を優先することに。山の中のわが家から、清掃センターがある白浜までは45分くらい。13時のミーティングには戻らないといけない。

道中電波が入ったところで携帯をチェックしていると、白浜クリーンセンターに行った友達は大きな根っこが崩れ落ちて来て通行できない状況だったとのこと。ゴミを積まなくて正解だった。

清掃センターにゴミを持って行くと、重量により有料になる。当初被災ゴミにガラスは含まれていなかったが、後日ガラスも含まれることになったので、その意味でも正解。情報が不足しているとき、近所の人との情報交換は貴重だ。

友達宅に大量に届いたブルーシートと土嚢袋、ロープの残りを頂いて、友達宅に立ち寄りつつ無事帰宅。大井青年館にブルーシートなどを運び込むと、家が大きいので10メートル×10メートルくらいの大きいものがほしいと言う。

なるほど、今もらってきたのはそれよりも小さいものばかり。瓦が数枚飛んだくらいならそれでも良いが、そうでない場合はやはり大きいブルーシートが必要。

ブルーシートがあるという友達に連絡を取ると、希望するブルーシートがさっき大量に届いたとのこと。少しキープしといてもらえるようにお願いし、ミーティング後に岩井の拠点まで取りに行った。

ブルーシート

拠点には久しぶりに会う友達の顔が多数。思わぬところでみんなに会えて、話ができたことがすごくうれしかった。この日はとても暑く、そこで頂いたきんきんに冷えたジュースがとてつもなくおいしい。ビールでなくても、冷えているだけでこんなにおいしいのかとおどろかされた。

来た!! フリーWiFi 000005 JAPANが大井青年館に

南房総市大井区災害緊急情報

今までとなり町の三芳までWi-Fiを使いに行っていたが、この日から大井青年館にもフリーWi-Fiが入った。これはありがたい。

あわ(犬)の散歩や夕食、もろもろ用事を終わらせて、暗くなったころPCを持って青年館へ。そのときの様子はこちらをチェック。

なんと、大井青年館があるエリアは、通電していたのだ。早く通電したことを知らせなきゃ!!と焦った私、PCの電源コードを忘れていたので取りに帰り、戻ってみたらまた忘れ物が。

あーもう、早く伝えたいのに!

と一人焦っていた。わが家を含め、大井区内でまだ停電中のエリアも残っていたが、青年館は少し和やかな雰囲気。区内に電気が戻ってきた。それだけで気持ちも明るくなる。

22時、青年館の電話が鳴った。

停電中だった残りのエリアも電気が復旧したとのこと。

「私の家もですか?」

と思わず確認してしまった。

大井区に電気が戻ってきた。翌日、ソーラーパネルを持ってきてくれるという話があったが、復旧したと連絡。何度か発電機の話も来ていたが、手に入り難いガソリンを使い、あの騒音とセットになっていると思うと、そこまで欲しなかった。ソーラーパネルは気になっていたので、一度は試してみたかったな。

覚悟していた27日よりも停電が早く復旧。でも、それは大井地区での話。まだ停電が続いている場所はすぐ近くの地域にもある。

とりあえず、南房総市大井区災害緊急情報ミーティングは翌日で終了した。

Pocket

割れたガラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です