米から味噌まで2019 稲刈り完了!!

天日干し

昨日の午後から一人で稲刈りスタート。とりあえず竹を組めるスペースを作って一列分の竹を組む。

田んぼの手前の方はぬかるみもなかったけど、場所によってはぬかるんで稲穂が倒れて水に浸っていた。取り急ぎぬかるんでいるエリアを優先して刈る作業に専念。

発芽したものがあるのは知っていたけど、数センチ成長しているものを発見!!

稲穂の芽が成長していた
育苗のときに見る緑色の芽が出ていた

ハサガケ用の脚は友達から借り、横に渡す竹の代わりに物干しざおを集めていたけど、近所の友達が家にあった竹を運んで提供してくれた。助かる!

薄暗くなってくると、「ヘビが出るから気をつけろよ~!」と通りすがりの地元の人が声をかけてくれる。まだ作業ができる明るさだったけど、今日はこの辺で止めておこう。

「よかったら来て♡」の投げかけにカマを手に集まった仲間たち

二日目の今日、朝から飲物やサンドイッチまで作って来てくれたDIYのボス。途中陽ざしが強く暑かったけど、刈る、結ぶ、掛ける、竹を組む、の作業を行う。

見ているだけで癒されるので、本日はひじきさん(ヤギ)も出動。昨日刈り切れなかった急斜面で草食べを任命。

斜面の草を食べるひじきさん

日向になると動きが止まるひじき。日陰に場所を移動すると、また草を食べ始める。お腹ぱんっぱんになったところで今日の任務は終了。

午後には新たに3人の助っ人が現れた。今日中に終わりそうだと先が見え、気持ちが軽くなる。

稲にいたイナゴカップル
稲にいたイナゴカップル

ザクっと勢いよく刈り取る作業が、一番好き。今までの苦労が報われるかんじ。去年の稲わらで結んで、ハサガケ。集中して結んでいると、「あとそれだけやね」との声が。

「え?! ほんまや~!!」

5人いるとスピードがぜんぜん違う。しかも全員経験者。いつも南房総の美しい夕日の写真を撮影している「夕日の小出」さん。この時期は「稲刈りの小出」に変身していて、南房総の稲刈りを手伝って回っている。去年に引き続きお世話になっている、わが田んぼのスーパーマン。

あとはこのまま倒れず、きれいに乾燥することを願うのみ。

新米、待ってろよ~

天日干し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です