パッチワークハウスとの出逢い

パッチワークハウス

月3万円の家賃で家探し。条件はヤギと暮らせて田畑が出来る

ひじきさん(ヤギ)とのびのびと暮らせて、田んぼと畑が出来る家。今までも家賃3万円以下でいい家に暮らせていたので、今回もがんばって見つけようと思っていたけど、中々見つからない。

そんな時教えてもらったのが、家賃3万円で10年住んだら自分の物になる価格の家。ひじきと一緒に路頭に迷うこともなく、家の改修にお金をかけた末に出て行かなくてはいけなくなることもない。

この値段で家が手に入るのなら、私でもなんとかなるかも?そう思ったのが始まりでした。

 

軒の瓦は落ちかけていて、穴が空いている箇所も。屋根も壁もトタンのツギハギだらけ。ブルーシートのツギハギの車庫? 北側の壁は土壁も竹駒井も崩れて、それを覆うように竹の束がくくりつけられている。

 

土間の中

大きな穀物入れが入った棚、その上にも、横にも大きな樽が。犬小屋に古いテレビ…

 

土間の奥にお風呂 お風呂場

ブルーの波板の壁の向こうが、だだっ広いお風呂場。コンクリートと波板で寒々しい。フタをめくると、水が入っているところがちょっと怖い💦 残念ながら、灯油釜は使えず。

 

屋根と壁はあるし、昔ながらの家で昔ながらの暮らしをしてみたい

囲炉裏の跡がある部屋。いつかここで火を囲んで宴会をしたいと思った。山をしょってたら山の手入れまでできないけど、ここは山をしょっていないし、日当たりもいい。庭が奥まっていて、ひじきさんと自由に散歩ができる。ここならきっと、その気になれば田んぼも畑も借りられるだろう。屋根と壁があれば、何とかなる。

昼だけでなく、夜も敢えてこの家の前を通って様子を伺った。フクロウの鳴き声を聴きながら星空を眺められる場所。安房のどこに行くにも近くはないけど、遠くもない。安房の人はみんな、自分の場所が安房のおへそ(中心)だと思っているらしいが、私もここが安房のおへそだと思った。

10年計画で、楽しみながら改修していけばいい。私にとって必要な物は、他の人にとってゴミの場合も多々ある。そういう物を利用して、気長に楽しくやっていけばいい。楽しみやん♪

パッチワークハウス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です